介護ってキツイけど終わってみると懐かしい。

投稿者: | 2017年1月18日

最初の介護は実父です。アルツハイマー型なんだけど、幸いなことに歩き方とか食事の仕方は忘れても、家族の顔だけは最後まで忘れないですみました。このことを想うと今でも涙がでてしまいます。母が主な介護者で、私には中学生の子供2人とフルタイムの仕事があったから、金曜日の夜に車で実家に行って、日曜の夜に自分の家に帰る生活が3年続きました。眠くて眠くて高速の壁に吸い込まれる瞬間に娘の叫び声で、ぎりぎり事故を避けることができたこともありました。私が驚いたのは母が、それこそ親身になって父の面倒を見ていたことです。週2回のヘルパーさんと、週末に娘である私のサポートがあったにせよ、普段は一人での介護なのです。それに娘の目からみたら母が強くて、どちらかというと父にがみがみ言っているイメージを持っていたのです。なのに父が段々多くのことを忘れていっても、とても大切に介護していたんです。あ~夫婦なんだなぁ。愛してたんだなぁなんて、父の介護が必要になってから気づいてしまいました。バカな娘ですよね。歩いていても途中で歩き方を忘れてしまうし、食事を口に運んであげても、噛むことを忘れてしまうのです。お医者様には、最後には呼吸の仕方を忘れてしまうかもしれない、と言われていました。それなのに、そんなになっても家族の顔だけは絶対に忘れなかった。どんなことをしてあげても、嬉しそうな笑顔で「ありがとう」というのですから、どんだけ奥さんが好きなのか?とあてられちゃいました。最後までラブラブの夫婦でしたね。

寒波到来!この冬初めての雪が降りました。

投稿者: | 2016年12月30日

今日は、この冬初めての雪が降りました!

滅多に雪の降らない地方に住んでいるので、雪がチラホラと舞っただけで子供は大喜び。
寒さなんか全く気にする素振りもなく、玄関から飛び出して雪の中ではしゃぎ回っていました。
私も「寒い~」と文句を言いつつ、雪を見たら若干テンションが上がってしまいました。

朝から昼過ぎまで降ったりやんだりした雪は、積もることなく溶けてしまいましたが、車で30分ほど離れた場所に住む友人からは「積もったよ~!」と、一面雪景色の写真が送られてきました。
同じ市内でちょっとしか距離が離れてないはずなのに、雪の降る量ってそんなに違うものなんだ…。

年に一度あるかないかの雪なので、私の町にもちょっとくらい積もって欲しかったな~。子供に雪景色を見せてあげたかった…(´Д`)
雪が積もると大変そうだし、きっと雪が積もった苦労を知らないからこそ言えることで、雪国の人が聞いたら「雪ナメんな!」と怒られちゃいそうですね。

でも雪降らない地方だからこそ、雪だるま作ったりするのに憧れるんだよ~。

きっと雪だるまなんて作れるほど雪が積もったら、子供はもっと大喜びだっただろうな。雪の上を歩くだけでも楽しそう。
色々想像はふくらむけど、まぁこの冬雪が見れただけ良かったと思います。
雪が予想以上に積もって大変な地域もあるみたいなので、あまりはしゃいでばかりでもいけませんね。
雪の積もった地域の方は、足元と頭上に気をつけてお過ごし下さい。

寒い日の休日は家で長風呂もいいですよ

投稿者: | 2016年12月16日

冬の時期、寒いと外に出るのも嫌になります。仕事の時はそれでも仕方なく準備をして行かなきゃいけませんが、休みの日はずっと家にこもります。家にいるからといって動く気にならず、かといってテレビを見るのはもったいない。面白い映画でも借りておけば良いのですが、そんな日に限って何もない。そういう時のひとつの方法は温泉気分の長風呂です。入浴剤があれば言うことなしですね。普段は夜に入りますが、お昼から湯船にお湯をためます。明るい中でお風呂に入るのって贅沢な気がします。テレビなどに出てくる有名人の家のお風呂のように脚が伸ばせて景色の良いところだったら最高なんだろうなと思いつつも、自宅のお風呂で今は我慢。いつかは理想のジャグジー付きの家をと夢見ます。そのままリラックスタイム突入でもいいのですが、私は雑誌を持って入ります。本は流石に汚したくないので、内容の充実してるフリーペーパーや、一度読んだけど捨てずに取ってる雑誌などを持ち込んで、何時もは読まない細かなところまで目を通したり、綺麗な写真に想像力を膨らませたりしますます。お風呂の中なので寒くないですし、しばらくすると汗もかいてきます。長時間の入浴と雑誌を読むことで肩が出ることによる半身浴効果で一石二鳥です。リラックス気分を高めるために洗面器にアロマを垂らしたり、ちょっと高級なボディーソープで変化をつけるとなんか充実した時間を過ごせたような気になります。寒くて外に出るのも嫌な休日もこんな風に過ごすと素敵な一日です。上がった後も体がホカホカして幸せな気分になれます。

性格が全く違う我が家の子供たち

投稿者: | 2016年12月2日

我が家には6歳息子と3歳娘の2人の子供がいます。同じ私のお腹から産まれ、同じように育てていますが、男女の違いももちろんありますが、性格が全く違うことに面白いなあと常々思っています。

息子は穏やかで優しい性格で、お友達や知り合いの前で自己主張をしたり争い事をするのは苦手です。ひとに合わせるタイプのようで、先生曰く色々なお友達と遊んでいるようです。また繊細で神経質な一面もあります。特に幼稚園入園前は人見知りと場所見知りが酷く、ハプニングにも弱く毎日のように泣いていました。この子はこんなにガラスのハートで生きていけるのだろうかと心底心配でした。

一方、娘は天真爛漫で活発な性格。兄の影響もあり言葉は早いほうで、今では3歳も上の兄に自己主張をして喧嘩をします。体重差も身長差もあるにも関わらず、負けずに立ち向かおうとする強さがあります。また、転んだり、予防接種でも泣かないハートの強さ。1歳の時から、たまに一時保育で預けたりもしましたが、いっさい泣きもせず、その場を楽しんでいたようです。

同じ血の通った兄妹でこんなに性格が違い、子育ては毎日驚きの連続です。喧嘩は頻繁にはしますが、すぐに仲直りをして、気づけばケラケラ笑いながら一緒に遊んでいます。性格は全く違いますが、基本的には仲良しの2人。子供たちの成長を間近で見られることは楽しく、幸せです。今は家事も育児も大変な毎日ですが、きっと今が子供たちと一番距離感が近く、ママ、ママとそばにいてくれる日々なのだと思います。そのことを噛みしめながら、子供たちの成長を見守っていきたいです。

今一番のお気に入り肌ケア方法!

投稿者: | 2016年11月18日

私は高校生の頃からニキビに悩まされていました。大人になってニキビは減ったのですが、今度は毛穴の広がり、黒ずみが気になりました。
ある日エステサロンの体験で、毛穴の洗浄をやってもらえるとのことで、即予約して体験してみました。驚くほど肌がつるつるになり、つやが出て大満足でした。
家に帰っていろいろ調べてみると、自宅でできるウォーターピーリングの美顔器があることを知り、エステサロンでの体験が家でもできるかも!と思った私は、購入を決めました。届くまで毎日ワクワクしながら過ごしました。
数日後、美顔器が届いたその日にウォーターピーリングをやってみました。顔を水でぬらし、超音波の力で肌の上の水をミスト状にして毛穴の汚れをかき出していくようなのですが、エステサロンで体験した機器に負けず劣らずのパワーに思えました。肌はつるつるになり、とくに小鼻の脇や口の下のザラザラがさっぱりキレイになくなりました!肌のトーンも全体的に明るくなった気がします。超音波を当てるので、軽いマッサージにもなっているのかもしれません。
付属の美容液での導入もやってみましたが、信じられないほどモチモチの肌になり、翌日のメイクのノリがとっても良かったです!
今では手放せないアイテムになりました。ウォーターピーリングの美顔器にも、防水機能が付いていたりイオン導入ができる機能が付いていたりたくさんの種類があるので、自分の用途に合ったものが選べるのでおすすめです。