性格が全く違う我が家の子供たち

投稿者: | 2016年12月2日

我が家には6歳息子と3歳娘の2人の子供がいます。同じ私のお腹から産まれ、同じように育てていますが、男女の違いももちろんありますが、性格が全く違うことに面白いなあと常々思っています。

息子は穏やかで優しい性格で、お友達や知り合いの前で自己主張をしたり争い事をするのは苦手です。ひとに合わせるタイプのようで、先生曰く色々なお友達と遊んでいるようです。また繊細で神経質な一面もあります。特に幼稚園入園前は人見知りと場所見知りが酷く、ハプニングにも弱く毎日のように泣いていました。この子はこんなにガラスのハートで生きていけるのだろうかと心底心配でした。

一方、娘は天真爛漫で活発な性格。兄の影響もあり言葉は早いほうで、今では3歳も上の兄に自己主張をして喧嘩をします。体重差も身長差もあるにも関わらず、負けずに立ち向かおうとする強さがあります。また、転んだり、予防接種でも泣かないハートの強さ。1歳の時から、たまに一時保育で預けたりもしましたが、いっさい泣きもせず、その場を楽しんでいたようです。

同じ血の通った兄妹でこんなに性格が違い、子育ては毎日驚きの連続です。喧嘩は頻繁にはしますが、すぐに仲直りをして、気づけばケラケラ笑いながら一緒に遊んでいます。性格は全く違いますが、基本的には仲良しの2人。子供たちの成長を間近で見られることは楽しく、幸せです。今は家事も育児も大変な毎日ですが、きっと今が子供たちと一番距離感が近く、ママ、ママとそばにいてくれる日々なのだと思います。そのことを噛みしめながら、子供たちの成長を見守っていきたいです。